ミックスボイスを出すためのポイントって何?

プロのアーティストや歌が上手い人の高い声を聞くと、何だか心が高揚してしまいますよね。そんな、多くの人に影響を与えるのが「ミックスボイス」です。歌を上達させたい方にとって、ミックスボイスの習得は必須の要素と言えるのではないでしょうか。

ミックスボイスは、そう簡単に身に着けられるものではありませんが、発声するためのポイントを知っておくことで、スムーズに習得することができるかもしれません。そこで今回は、ミックスボイスを出すためのポイントをご紹介していきたいと思います。

ミックスボイスを出すためのポイントとは?

ミックスボイスを出すためのポイントは、大きく3つあります。

まず1つ目は「腹式呼吸」です。ミックスボイスを出すためには、喉や肩の力を抜くことが大切です。お腹で呼吸を行うと、体はリラックスした状態になり、力強い声も出すことができます。そのため、腹式呼吸はできるようになっておく必要があります。

2つ目は「声帯を閉じる」ことです。ミックスボイスは、高い声でありながら、低い声を出した時の声帯で発声を行う必要があります。通常であれば、声帯は高い音の時は広がり、低い音の時は閉まるようになっていますので、トレーニングを行い自在に操れるようになることが重要です。

3つ目は「鼻腔共鳴」です。鼻腔とは鼻の奥にある空間のことを指し、そこでお腹から出てきた音を反響させることで、響きのある声を発声することができます。

以上3つのポイントがミックスボイスを出すために重要となる要素です。この3つのポイントを習得することが、ミックスボイスの発声に大切となってきます。

ミックスボイスはどれくらいで出せるようになる?

ミックスボイスを出すためのポイントをご紹介したところで、次に気になるのは「いつになったら出せるようになるのか」ということですよね。これについては、個人差によりますので一概には言えませんが、ボーカルやゴスペルの経験者であれば約1ヶ月、全くの初心者であれば1週間に3~4日カラオケなどに通い約4ヶ月かかるようです。

しかしこれは、ある程度形になるまでの期間のことを指しており、完全に習得するまでには数年かかると言われています。ミックスボイスは、トレーニングを積んでいくことで身に着けられる技術ですので、地道に続けることが大切になりますね。

ミックスボイスを出すためには「腹式呼吸」「声帯を閉じる」「鼻腔共鳴」といった3つのポイントが重要になります。すぐに習得できる技術ではありませんが、歌の上達を目指すために、ぜひミックスボイスを手に入れましょうね。

未分類

Posted by K6ehDWfT


PAGE TOP