ミックスボイスの出し方をご紹介!

2017年10月20日

喉に負担をかけることなく、滑らかな高音を出す発声方法「ミックスボイス」。できることなら出せるようになりたいですよね。そこで今回は、ミックスボイスのしくみに触れつつ、どうすればミックスボイスを出すことができるのかをご紹介していきたいと思います。

ミックスボイスが出るしくみとは?

まずは、ミックスボイスのことについてご説明します。ミックスボイスは、地声と裏声が混ざったような声であると言われています。厳密に言うと混ざってはいないのですが、そのように聞こえることから「ミックスボイス」と言われているようです。その特徴は、何といっても高音であるのに滑らかな声を出せることです。普通に高い声を出すと、声が裏返ってしまったり、音がずれてしまったりするのですが、正確にミックスボイスを出すことで、これを克服することが可能となります。

続いてミックスボイスが出るしくみについてですが、これには声帯と鼻腔が深く関係しています。高い声を出すと声帯は大きく広がるのですが、この時に高い声を出しながら声帯を閉じるのです。そうすると、ミックスボイスの元となる声が出てきます。そして、その声を鼻の奥にある空間の鼻腔で反響させることで、響きのある声質を出せるようになります。それがミックスボイスとなるのです。

ミックスボイスの出し方とは?

では、実際にミックスボイスを出すためにはどうすればいいのでしょうか。さきほどもご紹介しましたが、まずは声帯を閉じる練習をする必要があります。具体的には、口を閉じながら「んー」と声を出し止める、という方法があります。これを繰り返すと、どこの筋肉を使っているか認識することができ、徐々に声帯を閉じるコツを覚えることができます。ここまで来たら、あとは声を高く出してみたり、声を伸ばしてみたりしてみましょう。

次は鼻腔で声を響かせる方法ですが、声帯を閉じながら高い声を出せるようになったら、その声を頭から出すイメージで鼻に送るようにします。そうすると、徐々に響いた音が出てくるようになります。そしたら、その音が継続的に出せるようになるまで繰り返し練習してみてください。感覚的なお話しかもしれませんが、地道に練習することがミックスボイスの習得につながっていきます。

他にも、ミックスボイスを出すためには、リラックスした状態を意識したり、腹式呼吸で息を行ったりする必要があります。どの要素も着実に練習を積んでいくことで出来るようになっていきますので、それまで諦めずに取り組み、ぜひミックスボイスを手に入れましょうね。

ミックスボイスの出し方を学ぶなら、このスクールがオススメです!

Posted by K6ehDWfT


PAGE TOP